マジ!?iPhoneXは売れ行き不振なの?不評である理由を調べてみた

IT・スマホ

Appleが2018年1月から3月までの第1四半期でiPhoneX生産半減と発表したのご存知だろうか。当初、予定していた売上が下回る結果だから半減したのでしょう。iPhoneXは大きな特徴として顔認証やホームボタンがない。だけど価格が13万円もするので結果は不評。

今回、不評である理由を調べてみました。

スポンサーリンク

気になるiPhoneXの売れ行きは

発売月の11月は好調だったiPhoneXだったが、12月中旬にはiPhone8に抜かれる結果。さらに最新3機種の1月から3月売上はiPhone8が23%、iPhoneXは16%、8plusは21%。つまりiPhone8とiPhone8plusを合わせると44%という結果。


この事から旧モデルが売れている事がおわかり頂けると思います。このままだとiPhoneXのシェアは落ちることは間違いないと思います。



出典元:9to5mac

やはり、iPhoneXが思った以上に売れない、不評には理由があると思います。ネット上の情報、YouTuber、新宿ビックロ店員、iPhoneXユーザー、新卒学生など様々な意見を聞いてまとめました。

iPhoneXが不評の理由

顔認証(Face ID)

iPhoneXの大きな特徴として顔認証(Face ID)があります。顔認証で鍵マークが解除され便利な機能だと思うだが、マスクしたり帽子を被っていると顔認証されずロックが解けないらしい。またメガネや髪型が変わると認証される恐れもあるかも。


ある意味、顔認証の欠点ですね。普通に考えれば当たり前なのですがiPhoneXの顔認証(Face ID)として価値を感じないのは一定数いるみたいです。4桁か6桁のパスコード入力。しかもiPhoneXは指紋認証なし。


YouTuberのヒカキンもiPhoneXは自分に合わなかったとコメントしていますね。


⇒【悲報】iPhone XからiPhone 8にしました

スポンサーリンク

本体価格が12万円で高い

管理人の私も一番ネックだと感じるのはiPhoneX(64GB)の本体価格。税込で12万円以上超えるとパソコンと変わらない。特に一括で購入するユーザーも少なくもなく、分割払い。


一方、2年縛りのキャリア契約でも総額70,000円負担です。そう考えるとiPhone8を購入するのが一般的かなと。

サキドリ
iPhone8とiPhoneXはどちらが売れてますか?

ビックロ新宿店員
iPhone8ですね。やはりiPhoneXの価格が10万円超えますので。

サキドリ
スマホで10万円超えるとPCの価格と変わらないような。大学生や新社会人とか買い替えする人います?

ビックロ新宿店員
いますよ。でも購入者は30代以上が中心のような気がしますね。10万円を越えると分割購入時の審査が簡易審査から通常審査に変わるので、中には審査に落ちる若者もいますけど。

iPhone7が人気

ご存知の通り、iPhone7はiPhone8、iPhoneXが発売された事で11,000円値下げされています。iPhone7からiPhone8、iPhoneXへ進化を遂げていますが、興味を引くほどイノベーションがない。iPhone8と比較してもたいした差がないのでiPhone7で十分だと思うユーザーが一定数いるのでは?

 iPhoneXiPhone8
iPhone7
重量
174g
148g
138g
サイズ
5.8インチ
4.7インチ
4.7インチ
チップ
6コア A11/M11
6コア A11/M11
4コア A10/M10
容量
64/256GB
64/256GB
32/128/256GB
バッテリー
2716mAh
1821mAh
1960mAh
カラー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
(PRODUCT)RED
ローズゴールド
シルバー
ゴールド
ブラック
ジェットブラック
価格
64GB:112,800円
256GB:129,800円
64GB:78,800円
256GB:95,800円
32GB:61,800円
128GB:72,800円
256GB:販売終了
駆動時間
連続通話時間:最大21時間
インターネット:最大12時間
ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大60時間
連続通話時間:最大14時間
インターネット:最大12時間
ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大40時間
連続通話時間:最大14時間
インターネット:最大12時間
ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大40時間
Touch ID(指紋認証)
廃止


Face ID(顔認証)



防水/防塵
IP67
IP67
IP67
メインカメラ画素数
1,200万画素
1,200万画素
1,200万画素
インカメラ
700万画素
700万画素
700万画素

出典:Apple


スペックを見ても大きな差がなくコストパフォーマンスを見たらiPhone7を選んだほうがお得かもしれないですね。iPhone7の価格が61,800円~。一方、iPhoneXは129,800円。約2倍の金額ですから。

iPhoneXとiPhone8のシェア争い

iPhoneXとiPhone8は9月22日に同時発売されました。まだiPhone8とplusなら分かりますがiPhone購入ユーザーのシェア争いで8に奪われたと思われます。最大の原因は主に2つ。iPhone6s、7のユーザーがそのまま8へと引き継いだ。iPhoneXは一部、おそらくplusユーザーの一部しか引き継ぎされた結果。2つ目として本体価格が大きな要因だと思います。


iPhoneXのコストパフォーマンスに価値を感じなくシェアを奪われてしまった。やはりiPhone発売は一本化すべきでしたね。

興味を引くイノベーションの欠如

ホームボタンがなく、全面液晶画面でiPhoneXは大きな話題を呼んだと思いますがスペックがイマイチ。顔認証(Face ID)はマスクやメガネ有無で認証されない。結局、使いこなせなく価格を考慮して総合的に期待はずれと感じたのではないでしょうか。


管理人の私でもあのスペックでは正直高すぎる。

iPhoneXのOLEDディスプレイ

iPhoneXのOLEDディスプレイは、有機ELを呼ばれて、ディスプレイの新しい方式と注目を浴びています。通常の液晶と何が違うか?液晶の場合、画面を発光させるのにバックライトが必要になります。逆に有機ELはバックライトがいらないのがメリット。その為、ディスプレイが薄型にできる。


iPhoneXは、本体のエッジ曲面に合わせて液晶を曲げ、ボディ幅のギリギリまでディスプレイとして活用。それがOLEDディスプレイが使われている理由。デメリットとしてOLEDは寿命が短い。iPhoneユーザーは2~3年周期で買い換えるので問題はないでしょう。


OLEDディスプレイ搭載した事で価格も上がった?

まとめ

iPhoneXのコストパーフォーマンスが低いような気がします。同時に発売したiPhone8と比較したら購入するユーザーも少ない。

スポンサーリンク